IMAGE

不正通信を検知・遮断し、

社内の情報を流出させない出口対策サービス

サービス概要

DH GateBlocker

「DH GateBlocker」は、
セキュリティの「入口対策」では完全に防御することが難しい標的型攻撃などによって感染した社内IT資産からの社外への
不正通信を検知・遮断する「出口対策」ソリューションであり、デジタルデータソリューション株式会社と協業しているセキュリティ監視事業大手の株式会社ラックが保有する不正通信先の情報を取り入れることで、不正通信を高確率で検知できることを最大の特徴としております。
また、ご利用者アカウント数やセンサー台数などに応じたサービスプライスにより、事業規模の大小にかかわらず、リーズナブルなコストで、社内から社外への不正通信を検知・遮断し、情報漏洩の被害を最小限に抑えることが可能です。

3つの特徴

  • 最新情報から不正通信を検知

    株式会社ラックが誇る国内最大のセキュリティ監視センター『JSOC®️』で毎日更新される、最新のC2サーバリストを取り入れ、C2サーバとの通信を見逃しません。

  • 不正通信を即時に遮断・報告

    C2サーバとの不正通信を検知した時点で、通信そのものを停止します。お客様が通信の停止を判断する必要はありません。また、ランサムウェアの攻撃の場合は、そのプログラム自体を即時停止します。
    また、即時にお客様へ脅威情報を報告します。

  • インシデント発生後もサポート

    インシデント発生後の情報流出調査や、セキュリティ対策などを全面サポートします。
    サポート時に発生する対策費用は、年間300万円までサイバー保険を適用できます。

ラック、LAC、JSOCは、株式会社ラックの国内及びその他の国における登録商標または商標です。

料金案内

初期導入費用

月額費用

設定オプション

282,400円

59,800円

50,000円

※料金はいずれも税別となります。
※初期導入費用にDDH BOXハードウェアが含まれます。
※料金の詳細について別途お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

各種サービスについてのご質問を受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

TEL:03-5333-1246
お問い合わせ
TEL:03-5333-1246
CONTACT

DHSecure
サービスラインナップ